高校留学のメリットとデメリット

近年、社会の国際化はかなり進みつつあります。将来、どんな業界に進むにしろ、英語を中心として多国語ができるという事はかなりの武器と言えるでしょう。例え海外で働くということにならないとしても、国内の勤務先で英語が必要になるという例は増えています。企業内の公用語を英語としている企業も増えているという話もあります。そこで、最近増えているのが高校留学です。ただ、高校から留学するということは良いことばかりではなく、デメリットも確かに存在します。留学を検討する際には、メリットだけではなくデメリットもきちんと把握したうえで送り出さないと、思っていたものと違った、ということになりやすいと言えるでしょう。では、高校から留学させることにはどんなメリットがあり、そしてデメリットがあるのでしょうか。

高校留学には色々なメリットがあります

高校留学ではデメリットがあるというお話をしましたが、もちろんメリットはそれ以上に多くの物があります。まず最大のメリットは、やはり語学力が格段に上がることでしょう。国内でも文法などは十分にできますが、やはり普段のコミュニケーションで常に英語を使うという環境で生活するということは語学力の向上に素晴らしい影響があります。また、もう一つ大きいのは高校生というもっとも好奇心に溢れ、なおかつ多感な時期に国内ではできない様々な体験ができるという事です。海外、という日本とは全く違う異文化の中で生活することで、様々な考え方に触れるということは、生涯にわたって大きな影響をもたらしてくれるはずです。他にも、留学先で得られる知人、友人などは普通に生活していてはなかなか得られないものです。そのコネクションは、将来の選択肢をきっと豊かなものにしてくれるでしょう。

デメリットも把握しておきましょう

しかし、一方で高校留学に全くデメリットがないかというとそんなことはありません。まず最も気になる点は、日本の教育カリキュラムから一定期間離れてしまうことでしょう。夏休みなどの短期留学ならまだしも、それ以外の留学では、どうしてもその間日本の教育を受けることができなくなります。日本ではまだまだ大学受験の重要性はかなりのものですので、その間の授業の遅れを取り戻す計画はきちんと立てておいた方が良いと言えるでしょう。また、環境に馴染めない、という可能性もあります。異文化に触れることはとても良い経験ではありますが、一方でどうしてもなじむことができず挫けてしまう可能性も無いとは言えません。そういったことが起きにくいよう、カウンセラーなどが常駐している学校を選ぶのも選択肢の一つと言えるでしょう。このように高校からの留学にはデメリットもありますが、それ以上の多くのメリットがあるのも確かです。デメリットをきちんと把握した上で、万全の態勢で送り出すことが重要だと言えます。

料金が各プログラムによって異なりますので、ぜひお問い合わせください。 オペアとはホームステイ先の家事や育児をお手伝いし、ホームステイ代が無償になるプログラムです。 カウンセリング方法はお電話、来店、スカイプよりお選びいただけます。 あなたの夢の実現を代々木留学センターにお手伝いさせてください! 海外インターンシップは、「無給」と「有給」の2種類があり目的やプログラム内容などが異なります。 高校留学で語学・学問を学ぶ