行き先と期間でみた高校留学に掛かる費用

留学に行くには、どの国に行くとしても費用がかかります。しかし、かかる費用以上に得る物も多いはずです。特に語学を習得したい場合には、若い時期程頭の柔軟性があり、耳から入ってくる音を正確に聞き、口にすることが出来ますので、ネイティブに近い発音や語彙力を手に入れたい場合は少しでも若い時期に英語のシャワーを浴びることをおすすめします。語学力だけは年を重ねれば重ねる程不利になってきます。もちろん努力次第ではありますが、若い有利なうちにネイティブの英語が効くことが出来る環境で色々な多国籍の学生がいる教室で勉強をすることはとても刺激になります。高校留学は当然のことながら高校生の間でしか行うことが出来ません。チャンスを逃さないようにしたいものです。

高校留学で根強い人気があるアメリカ

アメリカは留学先としてとても人気が高い国の一つです。色々な国や地域から移民が訪れ、移民の国として発展してきたこともあり特に都市部においては多国籍の学生が集まってきます。また、留学生を受け入れてきた歴史も長いので、留学生をフォローする体制が整っている学校が特徴です。高校留学にかかる費用ですが、私立高校に留学をするのか、公立高校に留学をするのかによって変わってきます。もちろん私立高校に留学する方が費用は割高になる傾向にありますが、現在通っている日本の学校がアメリカの公立高校と姉妹校協定を結んでいたり、住んでいる地域の市町村でアメリカの市町村と姉妹都市である場合、公立高校に留学出来る可能性もあります。しかし、公立の場合アメリカでは1年間以内という期限を設けられるケースが多いので長期間の留学は難しい場合もあります。

気候も良く、治安も良いオセアニアへの留学

アメリカに比べると比較的治安も良く、過ごしやすい気候で人気が高い留学先としてオーストラリアやニュージーランドがあります。治安が良いことは、送り出す親御さんにとっては重要なポイントでしょう。また、気になる留学費用ですが、アメリカに比べると安い費用で収まる傾向にあります。生活をする物価も、都市部や地方かで差はありますが、農産物が多くとれますので、食料品などの価格は日本に比べて安い傾向にあります。また、学費に関してもイギリスやアメリカに比べると学費も安い傾向にあります。もちろん為替の影響もありますが、日本円に対してイギリスポンドやアメリカドルよりもオーストラリアドルやニュージーランドドルは安い傾向にあるので、治安が良く、かかる費用の総額を抑えることが出来ますので渡航先として選択肢に入れて良いでしょう。